実績実現しました!

練馬のために実行・実現したこと

  • HOME
  • 実績
  • 実現しました!災大型仮設テント「エアシェルター」導入

実現しました!災大型仮設テント「エアシェルター」導入

小川けいこは、実現しました!
木登り、泥遊びOK! こどもの森(H27)、森のようちえん(H31)
プロのアーティストによる、質の高いアートをこどもたちへ!「こどもアートアドベンチャー」(H29)
いじめ防止対策「いじめ対策アプリ」導入(H31)児童虐待防止対策にも活用!
区有地を活用した「特別養護老人ホーム」設置(H29)
災害時に活用する大型仮設テント「エアシェルター」導入災害時のペット対策にも活用(H30)
災害時スマホ対応充電器の、「ソーラーモバイルバッテリー」の配布事業(H31)
「四季の香 ローズガーデン」環境大臣賞を受賞!(H28)
第一線で活躍中のプロミュージシャンによる「ジャズサミット」(H30)
国際交流の観点から、「ワールドマーケット」の開催(H30)

【自民党として実現しました】編
★ 区立小中学校全体育館へ、空調設置 ★ 練馬区内の病院ベッド数の増床
★ 小中学校、公共施設などにおけるブロック塀防災対策
★ 公園の防犯カメラ設置をスタート

練馬駅西口で駅頭をしていると、パパと一緒に、仕事に向かうママを見送るワンちゃん、池添ココアちゃんに会います。

ということで、本日は、ココアちゃんに報告しました。

「災害が起きた時の、ペットの避難所が確保できたよ!」と

練馬区では、災害時にペットとの同行避難を推進しています。
しかしながら、実際問題として、いざ同行避難をした際に、不特定多数の人とペットが同じ屋根の下トラブルは簡単に予想できます。

練馬区としても以前から、ペットの避難所の必要性は認めていましたが、長い間具体化しなかったのが現状です。

そこで私は、本会議の一般質問において、熊本の震災にも活用した実績があり、公園や校庭に設置できる大型仮設テント(エアシェルター)を、練馬区として導入し、ペットの避難所として活用して欲しい!要望をしたところ、昨年度に2基の確保を実現いたしました。

また、これについては獣医師会の先生方にもご賛同とご協力をいただいています。


(獣医師会の先生方と、実際のエアシェルターにて)

ちなみに、シェルター内には、臨時の診療台も設置され、獣医師会の先生による診療もしてもらえる設定です。

ココアちゃんを始め、ペットの皆さん、ちょっぴりかもしれないけど安心してね

今後とも、ペットの災害対策も推進します!